インビザラインの歯科矯正を開始する前に、その準備のために歯科医院への1回目の訪問です。

1回目は2016年12月2日でした。

問診票

医院に行くと、まず問診票を書かされました。

問診票の内容はメモしておかなかったので記憶ですけど、インビザラインをやる前提の問診票で、

「自分の歯の気になるところ」
「インビザラインを始めるにあたり気になること」
「何で情報収集したか」
「どうやって当院を知ったか」

みたいなことが書いてあったような気がします。

上部2つは患者向けの項目ですけど、下2つはいわゆる「アンケート」ですよね。
客(患者)がどのような手法で情報収集して自院に来院したのかを知るための手法ですね。
マーケティングに抜かりがない医院だなと感じました。

その後は診察室に通され、担当医師のカウンセリングを受けます。

事前にインターネットで収集した情報では、歯や歯グキの状態によってはインビザラインができないこともあると聞いていました。
なので、もしかしたらワイヤー矯正もありえるのかなぁ、とちょっとドキドキしていたのですが、私の場合はインビザラインで大丈夫とのこと!よかった!!

どのぐらい目立つ?

ビザ子は問診票の「インビザラインを始めるにあたり気になること」の欄に「目立たないか」と記入していました。

すると、先生がインビザラインのマウスピースの見本を持ってきてくれました。

透明で、思ったよりも薄い材質で、あまり目立たなそうです。

さらに、近くにいた歯科衛生士さんとスタッフさんがインビザライン矯正中ということで、口を開けて、マウスピースを見せてくれました。

ビザ子ビザ子

え?本当につけてるんですか?

と思わず言ってしまったぐらい、本当に目立ちません!

これなら安心ですね。

抜歯するか、しないか

私の歯は右上の5番目の八重歯については、抜歯する方法としない方法があり、抜歯しないと期間は長くなるとのこと。

医師医師

どうします?抜歯しますか?

と聞かれたんですけど、やっぱり怖いので、できれば歯は残したい…
と思って、

ビザ子ビザ子

抜歯しないと、どれくらい期間は長くなるんですか?

と聞いたら、

医師医師

うーん、抜歯しなくても、1年半ぐらいで終わるんじゃないかな。

ということだったので、抜歯しない方法を選ぶことにしました。

やはり健康な歯を抜いてしまうのは抵抗がありますし、もともと矯正には最低2年はかかると思っていたので、1年半なら許容範囲!抜歯の必要なし!と判断しました。

料金の説明

それから、料金の説明もありました。
ビザ子の場合は、上下すべての歯を動かす「インビザライン・フル」というコースになるとのこと。

部分的な矯正で済む場合は低料金のコースもあるようです。

「インビザライン・フル」の料金プランは下記の2つから選べました。

1.基本プラン

基本料60万円
管理費5000円(月ごと)
リテーナー(矯正治療後の後戻りを防ぐ保定装置)の装置料4万円

2.コミコミプラン

70万円(基本料、管理費、リテーナー装置料含む)

※すべて税別。検査料を含む。

これだと、損益分岐点は12ヶ月ですね。

例えば治療が12ヶ月で完了した場合、基本プランだと、基本料60万円+管理費6万円(5千円×12ヶ月)+リテーナー装置料4万円で合計70万円となり、コミコミプランと同じ金額になります。
つまり、治療期間が11ヶ月以内なら基本プラン、13ヶ月以上ならコミコミプランがおトクということになりますね。

私の場合は1年半かかる見通しなので、コミコミプランのほうがよさそうです。

ビザ子(自分)で決めるべきこと・決めたこと

この日、ビザ子の決めるべきこととして、

1.インビザラインをやるかどうか

2.この医院でやるかどうか

という2つを考えていました。

1.についてはもうこの場で「インビザラインをやる!」と決断しました!

また2.についても、事前の医院探しの時点でほぼ心は決まっていたのですが、カウンセリングで気になることもなかったので、「この医院でやる」ということで決定。

先生から、

医師医師

もし当院でインビザラインを始める意思が固まったなら、次回データ採取の予約を入れますか?

と聞かれたのでお願いすることにしました。

この日は、左上の欠けた歯(数年放置してた・・・)の治療をしてもらい、そこに入れる仮歯用の型取りをして帰宅。

この医院は矯正だけでなく一般治療もしているので、このような治療もしてもらえます。

矯正のみの医院では、別の医院で治療してもらわないといけないので少し面倒ですよね。
実は、日記にも書いた記憶がありますけど、一般治療もしている医院を積極的に選びました。治療とインビザラインが別の医院になると面倒だと思いましたので…。

次は仮歯ができあがるタイミングの「1週間後」に予約を取りました。

次回はインビザライン用のデータ採取と料金の支払いを行うとのことです。
つまり、料金の支払いはかなり早い段階(2回目のカウンセリング)で行う、ということになりますね!

料金は上記に記載がある、70万円。
消費税は現在8%ですから、消費税込みで75万6000円。

高い買い物ですから、しっかりやろうと思います。

事前予約:矯正歯科に予約を入れる

事前訪問1回目:無料カウンセリング

次の記事 事前訪問2回目:矯正用の歯型採取

事前訪問3回目:シミュレーション確認